眉毛が抜けない男性型脱毛症治療におすすめなことは

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれており、殆ど場合で内服薬での高い治療方法が開発されています。
男性型脱毛症は、前頭部や頭頂部など特定した場所が抜け毛や薄毛になる症状で、他の脱毛症とは異なります。脱毛がすべてAGAということではなく、他の原因で脱毛している可能性があり、脱毛を治療する前のおすすめは、正確に脱毛の症状を判断できる医師やクリニックを選ぶことです。万が一男性型脱毛症以外の脱毛症にAGAの治療を行なうと症状が回復を遅らせることになったり、回復しないこともあり得ます。特に男性型脱毛症は進行性の脱毛で3年、5年と経過すると徐々に髪の毛は薄くなってきます。毛根が極端に萎縮すると毛根を再生させることが難しくなるのです。男性型脱毛症は早めの治療が大切です。
頭髪や眉毛が抜け落ち皮膚や粘膜のびらんや亀裂がある場合の原因は、亜鉛欠乏症や持続性の蛋白吸収障害などで栄養や代謝障害による脱毛です。フケが増えて頭髪が炎症を起こして抜け毛が増えた場合は脂漏性脱毛で、皮脂の分泌異常などが原因です。男性型脱毛症の原因は遺伝や男性ホルモンです。男性型脱毛症はテストステロンが産生され、男性ホルモンの一種のDHTが高濃度でヘアサイクルの成長期を短くする原因物質です。ヘアサイクルが短くなり、髪の毛が太く成長する前に抜けるため細く短い髪の毛になり、この細く短い軟化した髪の毛が増えると頭髪全体が薄毛が目立つようになります。男性型脱毛症には進行のパターンがあり、額の生え際から後退するタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、混合タイプなど様々です。治療はプロペシアなどを内服薬を服用します。病気ではないため保険適用外なので全額自費治療になります。

ページトップへ