アフロは髪毛に悪影響だが、男性型脱毛症とは異なる

アフロヘアが頭皮に悪影響を及ぼして薄毛になる可能性は否めません。アフロヘアを繰り返すことで薄毛になる可能性がありますが、それは男性型脱毛症ではありません。
アフロヘアにするためには強い薬で強引に強くて細かいパーマをかけるため、頭髪にダメージを与えます。パーマ液はアルカリ性でアルカリ性は皮膚や髪の毛のたんぱく質を壊す性質があり、炎症性脱毛症を引き起こすことがあります。パーマをかける頻度が増すとリスクが増して薄げになる可能性があるのです。また髪毛を増やすためにパーマをかけることも薄毛になる原因になります。パーマ液の強いアルカリ性の薬液は、頭皮の皮脂を落とし頭皮を荒れた状態にし、乾燥するため皮脂を分泌します。また頭皮が荒れた状態であると毛根がダメージを受けやすくなり抜け毛が増えます。そのためアフロヘアにする場合は、髪毛や頭皮の健康を保つために洗髪が大切で、洗髪後は良く乾かすことも必要です。頭皮ケアを怠らないことが薄毛の対策にもなります。
男性型脱毛症の殆どは遺伝と男性ホルモンが原因と考えることができます。特に男性ホルモンが影響していて、男性ホルモンが酵素に変換されてできた物質の働きに関係しており、進行型の脱毛症です。男性型脱毛症の特徴は前頭部や頭頂部のどちらか一方か、または両方から脱毛が進行します。進行性なので治療をせず放置すると前頭部や頭頂部の脱毛部分は必ず進行していきます。薄毛は生活習慣や食生活を改善したり、頭皮マッサージなどをすることで改善する可能性がありますが、男性型脱毛症は治療が必要で、男性型脱毛症と生活習慣などからの薄毛は見極めが難しいものです。男性型脱毛症は自己流の対処では治すことが難しいため、医療機関を受診することが重要なことです。

ページトップへ