男性型脱毛症と部位とギャルについて

脱毛の悩みを抱えている人は、世界中にいます。
日本で患者数が多いのが、男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、生え際や頭頂部周辺などの部位が、徐々に薄くなっていきます。
薄毛になると、ギャルにもてなくなると心配する人もいます。
男性型脱毛症は、放置していると、どんどん進行していきます。
ですから、脱毛の症状に気が付いたら、すぐに治療を始めた方がいいのです。
髪の毛は、成長して抜けるというヘアサイクルを繰り返します。
ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期があります。
成長期は、毛母細胞に栄養が供給されて、髪が成長していきます。
髪は、平均して1日に0.4mmほど伸びると考えられています。
ですから、健康な人なら、1ヶ月に1cmずつ伸びるという計算になります。
退行期は、毛根組織が萎縮し、髪の生成が止まってしまいます。
そのため、髪が抜けていきます。
休止期は、2ヶ月から4ヶ月ほど続き、その後、新しい髪の毛が生えてきます。
ヘアサイクルが守られていれば、薄毛になる心配はないのです。
しかし、ストレスや生活習慣など、様々な理由により、ヘアサイクルが乱れてしまうと、頭の毛が徐々に薄くなっていきます。
男性の場合、遺伝も脱毛の原因のひとつだと考えられています。
薄毛になった場合、どこまで薄毛の状態が進行するか気になる人もいます。
男性型脱毛症は、進行の度合いにより、クラスが分かれています。
男性型脱毛症の治療は、外用薬と内服薬の治療が一般的ですが、最近は、植毛も人気があります。
どの治療を選択するかは、医師と相談して決めることになります。
自己責任になりますが、最近は、海外通販を利用して男性型脱毛症の治療薬を購入する人も増えています。

ページトップへ