女性版、男性型脱毛症について

男性型脱毛症は、一般的にAGAと呼ばれていますが、女性版もありFAGA(FemaleAGA)と呼ばれています。
男性型脱毛症は、テストステロンからジヒドロテストステロンに変化した男性ホルモンの影響を受けて、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛が成長を待たずに抜け落ちてしまうものになります。男性ホルモンが主な原因とされている男性型脱毛症ですが、女性にも男性ホルモンは体内にありますので、男性と同じような流れで、髪の毛の成長に影響を及ぼしているといわれています。
ですが、男性と女性とでは、男性型脱毛症の症状に少し違いがあるようです。女性は、エストロゲンという女性ホルモンが分泌されていますので、男性と比べて髪の毛への影響が少ないとされています。女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を育ててくれる働きをもっていることから、急激に薄毛や抜け毛が進んでいくことはないようです。この女性ホルモンの分泌量は、加齢にともなって減っていきますので、30歳代後半頃から徐々に男性型脱毛症が起こりやすくなります。女性の場合には、髪の毛が細くなって分け目などが目立ちやすくなるものです。
女性ホルモンを補って、ストレスや生活習慣、食事内容に気をつけていくことで、薄毛や抜け毛がひどくなることは防ぐことができるでしょう。女性には閉経があり、この時期前後には急激に女性ホルモンが減少してバランスが乱れますので、イソフラボンが多く含まれている大豆製品などを積極的に摂取して、少なくなった女性ホルモンを補ってあげることが大切になるでしょう。男性型脱毛症には、FAGAと呼ばれる女性版もありますが、女性ホルモンを補い生活習慣を見直すことなどで防ぐことが期待されます。

■AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方はここのサイトをご覧ください
AGAは治療できます

ページトップへ